消費者金融比較サイトについて

■消費者金融比較サイトは初めてご利用する方や借り換えを考えている方にあなたに合った 融資プランを捜すことのできるキャッシング専門の消費者金融比較サイトです。
■初心者の方でも簡単に消費者金融の融資先を(キャッシング)を探すことが可能です。
■申込みをクリックしますと各提携消費者金融会社の公式ページ(申込みページ)へ移動します。
■消費者金融とは 融資・キャッシングがサービスの中心です。しかし、 市場が開拓されるに従って、機能に付随させる形で様々な,サービスも充実してきました。 ご利用する方の顔が見えてきた証しだと思います。 このことから基本的な優良消費者金融比較をしてみてください。
■国内最大級のキャッシング掲載会社は全42業者、51種類をご用意しています。      Last Up Date 2014.08.08

おすすめ キャッシング比較

注目度NO.1 消費者金融商品!

アコム

実質年率借入限度額審査スピード振込までの期間
4.7%~18.0%500万円最短30分-

低金利 365日24時間ATM利用可能 有名な消費者金融

無利息消費者金融商品 最長30日間!(プロミスポイントサービスにお申込された方が対象)

プロミス

実質年率借入限度額審査スピード振込までの期間
4.5%~17.8%500万円--

審査が早い 30日間無利息サービス(プロミスポイントサービスにお申込された方が対象)
消費者金融の代表格! 即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

銀行系 カードローン商品!

スルガ銀行グループ「ダイレクトワン」

実質年率借入限度額審査スピード振込までの期間
4.9%~20.00%1~300万円--

低金利 限度額が高い 銀行系キャッシング

銀行系 カードローン商品!

三菱東京UFJ銀行 カードローン

実質年率借入限度額審査スピード振込までの期間
4.6%~14.6%500万円即日最短即日

学生の方は10万円、主婦の方は30万円以内の利用限度額有

銀行系のカードキャッシング!

オリックス銀行カードローン

実質年率借入限度額審査スピード振込までの期間
3.0%~17.8%最高800万円
(10万円単位)
--

低金利 限度額が高い

会社名

アイフル

実質年率借入限度額審査スピード振込までの期間
4.5%~18.0%500万最短30分即日

低金利 即日融資 全国約82,000店舗DC/ATM利用可能

最高位スペックの安心キャッシング!

オリックスVIPローンカード

実質年率借入限度額審査スピード振込までの期間
3.0%~14.8%契約枠30万円~800万円最短即日最短即日

国内トップクラスの好条件 おすすめ!低金利

初めてキャッシングをするという場合、初心者が消費者金融会社を選ぶ注意点は何があるのでしょうか。 初めての比較する方はまずは消費者金融について知識を付けておく必要があると思います。 個人を対象とした少額の借入れをキャッシングと呼んでおり、銀行や消費者金融会社が取り扱う商品のことです。 消費者金融には厳密な定義があるわけではありません。 個人や法人に対して融資をすることを全てキャッシングと呼ぶ場合もあり、 この時に借入れをする側の消費者金融は会社から銀行まで様々です。 特に初めての比較を ご利用する人は用語集の解説や消費者金融のQ&Aも参考にして見てください。 学生のころでは消費者金融に関する教育が行われていません。

■初めての方がキャッシング,消費者金融を申込む時

当たり前の事ですが金利が低い低金利商品で比較しましょう。 借入れ時の限度額が高い商品も消費者金融会社の比較には欠かせません。 初心者に限った話ではありませんが、融資先の会社は なるべく増やしたくないものです。 お得な消費者金融サービスが見つかったら、ネットでの申込みや無人契約機からの申込みも可能です。 即日審査の結果を待って借入れが開始されますが、審査終了までに掛かる時間は 消費者金融会社によって差があります。 借入可能な場合、契約とローン融資に移ります。 もしもその即日融資を謳っているところならローンカードや契約書は後日発行され、借入れ金が振り込まれます。 即日融資を 行わない消費者金融の場合は、受け取った契約書を書き込んで必要書類と共に送り、後日に消費者金融用のカードをもらい、 借入ができるようになります。 月々の返済が遅れないよう、初めての方は特に注意が必要です。 消費者金融の返済が滞ると、家族や勤務している会社から電話がいきかねませんし、延滞が続くと信用管理情報機関に記録が残り、以後の消費者金融のご利用が 厳しくなります。 キャッシング比較の仕組みを理解し、わからない部分は問い合わせなどで確認しておくことが、 初めての方でも消費者金融を使いこなして、無理ない借入れや返済をする方法になります。

この消費者金融比較サイトの情報が少しでもお役に立てればと思います。正しい知識を持った借入を応援します。

収入によって金利が左右される理由

消費者金融を利用するためには一定の収入が必要です。 といっても、消費者金融によって基準は異なり、低所得者には低所得者向けの金融商品を用意しているものです。 たとえば、金利5.0~18.0%というフリーローンがあっても、金利5.0%で利用できるのは300万円以上借入できる人であり、10万円未満しか借りられない人はいつも金利18.0%で融資を受けることとなります。 いくら低金利の融資を受けたいからといって、年収100万円の人が300万円以上借入できるわけではなく、年収100万円の人は30万円まで、年収50万円の人は20万円までと、年収に応じて融資限度額が設定されています。 そのため、金利5.0~18.0%という一つのローンでも、利用者の収入に応じてまったく異なる条件となります。 年収が低くなるほど借入できる金額が低くなり、金額が低くなるほど金利は高くなるので、低所得者は自然と金利の高いローンしか組むことができません。 これは別に低所得者を虐めているわけではありません。金利が高くなるのは、貸し倒れのリスクを回収するためですので、融資限度額が低い方はその分事故を起こしやすいと見なされているのです。 同じ年収でも消費者金融では金利18.0%なのに銀行では金利15.0%で借りられる場合もありますが、銀行では年収以外の要素も重視しており信用性の高い消費者にしか融資を行わないため、貸し倒れのリスクが低くなり、その分金利が低くなります。 年収以外の要素とは、家計収入や配偶者の有無、勤務先の勤続年数、住宅の種類など多岐に及びます。 収入が高いからといって必ずしも返済能力が高いとは限らず、他社のローンを利用した際の返済状況(過去の遅延トラブルの有無)などもチェックします。 いくら収入が高くてもルーズな人はルーズですし、収入が低くても一切遅延事故を起こさず返済する方も大勢います。 そのような性格的な部分も返済能力の一部として考えられているので、遅延事故を何度も起こしている方は年収に関わらず審査に通らない可能性があります。 消費者金融でもチェックする内容はほとんど一緒ですが、審査基準の厳しさが異なります。 消費者金融は審査が甘くスピーディに融資を受けられるというメリットがありますが、様々な事情を抱えている方が一緒くたに融資を受ければ、貸し倒れのリスクも当然上がります。 そのため、審査の甘い消費者金融ほど金利が高くなるというデメリットが生じます。年収を含めて個人情報に自信があるという方は、金利の低い銀行系ローンに申し込みましょう。

金利の低い消費者金融もある?

消費者金融は審査スピードが早く、他の金融機関よりも審査に通りやすいというメリットがあります。 しかし、その分金利が高いので、長期借入や大口借入には不利になるというデメリットがあります。 長期借入や大口借入を希望する方には銀行ローンがおすすめですが、銀行の審査に通らず消費者金融を利用するしかないという方も多いと思います。 しかし、消費者金融だからといって必ずしも金利が高いとは限りません。 たとえば、実際の店舗を持たずインターネットだけで運営している消費者金融は、他の消費者金融よりも金利が低いという特徴があります。 店舗を運営するための電気・ガス・水道代・光熱費・土地代(テナント代)などがかかりませんし、高額な人件費もかからないので、金利を低くしても十分運営できるからです。 もちろん申し込みも借入手続きもインターネットまたは電話で行えるので、店舗・ATMを利用する手間も省けます。 消費者金融に出入りしているところを見られたくない方、誰にも知られずキャッシングしたいという方にもおすすめできるシステムです。 ただし、店舗がないということは、万が一トラブルが発生した時にどう対処してよいのか分からない部分があります。 店舗に行けば店員がいるので直接確認できますが、インターネットだけですと連絡が付かない可能性があります。 大手消費者金融であればそのような心配はありませんが、知名度の低い会社、出来たばかりの会社ですと不安があります。中には、大手のふりをしている悪徳業者も存在します。 インターネット上ですと身分を偽装することができるので、大手とよく似た名前を名乗って消費者を安心させようとする悪徳業者は多いです。 公式サイトで低金利をアピールしていても、実際に申し込むと高い金利の商品しか勧められないというケースも多いです。 それでも利息制限法の範囲内で取引できる金融機関ならマシですが、個人情報の売買や金融詐欺を目的とする詐欺グループに引っかかってしまうと最悪です。 お金を借りたいのに逆にお金を騙し取られてしまい、ホームページも閉鎖されて連絡が取れなくなる――このような状態になるともう泣き寝入りしかありません。 探偵を雇って犯人の所在を突き止めるという方法もありますが、探偵を雇うと成果に関わらず1日1万円以上の費用が発生しますし、犯人が逮捕されても残金がなければお金が返ってくることはありません。 インターネット専用の消費者金融を利用する場合は、金利だけじゃなく会社の実績や評判など、信用性について調べることが大切です。

更新履歴

Google+
↑ページのトップに戻る